MENU

ヴォルスタービヨンドはお酒との飲み合わせ相性は?

ヴォルスタービヨンド お酒

 

ペニス増大サプリメントとして人気の高い、ヴォルスタービヨンドは特別な成分が含まれています。アルギニンや亜鉛のような重要なものから、シルトリンと呼ばれる血管を拡張できる、特別なものも含まれているため効果的です。

 

ヴォルスタービヨンドは信頼できる商品ですが、お酒の飲み合わせの相性はよくありません。お酒を飲むと血管が拡張するので、相乗効果で精力が強くなるように見えます。

 

しかし利尿作用が強くあるため、その影響でサプリメントの効果が下がります。特にシルトリンの効果が弱くなってしまうため、十分な結果を得られなくなります。

 

お酒の問題は他の点でもあって、それはペニス増大に必要な亜鉛を消費する特徴です。

 

お酒は体の中で分解される時に、亜鉛を使うのでサプリメントとの相性がよくありません。ヴォルスタービヨンドを使う時はできるだけお酒を避け、成分が体に吸収されるようにすべきです。

 

飲み合わせの相性が良くないお酒ですが、適度な量ならば大きな問題にはなりません。

 

ヴォルスタービヨンドを使う時に避けるなどの、工夫をしておけば大きな効果を得られます。お酒はペニス増大サプリメントと相性が悪いので、気をつけて使わなければいけません。

 

ヴォルスタービヨンド

 

ヴォルスタービヨンドはタバコとの相性は?

ヴォルスタービヨンド タバコ

 

ヴォルスタービヨンドは実感力のある精力増強サプリメントですが、タバコとの相性はよくありません。

 

そもそもタバコにはメリットが一つもないので、何かと相性がマッチすることはありません。男性器の元気がなくなる最大の理由は血行不良であり、喫煙すると毛細血管を収縮させて動脈硬化を促進させます。

 

血液を綺麗にするためには禁煙が必須であり、どのような健康食品を補給するよりも禁煙するメリットのほうが大きいです。

 

ヴォルスタービヨンドを利用される方で喫煙しているなら、まずは禁煙することが必須となります。タバコを吸いながらサプリを飲んでデメリットを相殺しようと考えても、費用対効果は著しく悪いでしょう。

 

ヴォルスタービヨンドは精力剤であり、即座に勃起力を発揮させるED治療薬ではありません。

 

体質改善のコツは毎日の積み重ねにあるので、ここは地道に続けていくしかないわけです。

 

タバコに含まれるニコチンのデメリットは、日常的に摂取する成分の中で最も悪いと言われています。悪い成分を自分から摂取しながら、そのダメージを抑えるためにサプリを飲むのは金銭的に考えてももったいないことです。

 

ヴォルスタービヨンドには副作用はないので、禁煙しながら数ヵ月は続けてみましょう。

 

ヴォルスタービヨンド

 

タバコがヴォルスタービヨンドの天敵の理由


タバコがヴォルスタービヨンドの天敵、ということは、ヴォルスタービヨンドからすればタバコに死滅させられるということになります。

 

なぜ、タバコがヴォルスタービヨンドを死滅させるようなことになるのでしょうか。

 

タバコに含まれるニコチンという成分は、血管の流れを鈍くしてしまうということがわかっています。

 

血の流れが止まると、ヴォルスタービヨンドの成分どころか、体の中の代謝は確実に落ちてきます。これにより、頭痛や肩こりが起きてしまいます。

 

ヴォルスタービヨンドで、体を元気にしようとしても、ニコチンで血流が鈍くなってしまえば何の意味もない、ということです。

 

また、タバコを吸う時に一酸化炭素も体の中に入ってきます。この一酸化炭素もまた、血のめぐりをわるくする原因になってしまうのです。そのため、動脈硬化になりやすい体を作ってしまいます。

 

ヴォルスタービヨンドの成分は、体にきちんと摂りこまれることなく、排出されてしまうと考えられます。

 

ヴォルスタービヨンドにとっての天敵であるタバコの中には、がんになりやすくなるといわれている成分も多く含まれているそうです。

 

こんな話を聞くと、ヴォルスタービヨンドを飲む飲まないにかかわらず、タバコを吸うということについて、ちょっと怖くなりますね。

 

アルコールがヴォルスタービヨンドの天敵の理由


アルコールは、どうしてヴォルスタービヨンドの天敵なのでしょうか。

 

天敵とは、生物を攻撃して死滅させる生物のことです。死滅させられる側から見た生物です。

 

この場合、ヴォルスタービヨンドを死滅させてしまうのがアルコール、というわけです。

 

では、理由について説明しましょう。

 

アルコールというものは、たくさん飲むと利尿作用があります。特に、ビールは水よりも短時間にたくさん飲むことができます。

 

これは、ビールの中の成分が、胃の中を広げ、早く空にしてしまうから、ということもいわれています。早く空にするということは、成分をそのまま体の外に排出するということです。

 

つまり、せっかく飲んだヴォルスタービヨンドの成分は、アルコールによって、体の中に吸収されるよりも早く体の外に排出されてしまうのです。

 

これでは、せっかくのヴォルスタービヨンドが無駄になってしまいます。死滅するに値しますね。

 

というわけで、アルコールはヴォルスタービヨンドの天敵、ということなのです。利尿作用のあるカフェイン入りの飲み物も天敵となるのです。

 

ヴォルスタービヨンドの飲み方にも、水かぬるま湯と一緒に飲む、とあります。この部分は守って飲みましょう。飲み方によって、ヴォルスタービヨンドの効果も違ってきます。

 

知ってる?アルコールが分解されるまでの時間

アルコール 分解時間

 

お酒を飲むと良い気分になるのがいわゆる「酔った」状態です。

 

これはアルコールが体内で吸収され、分解しきれないアルコールが脳を一時的に麻痺させる事によるものです。麻痺といっても完全に機能を失うことではなく、反応が鈍くなったり、普段抑えていた感情が表出しやすくなったりなどの変化が出ることを示します。

 

アルコールが脳まで到達するには、一般的に30分前後の時間がかかると言われておりますので、飲酒をしてから酔いの反応が出るまでには時間差があります。

 

飲んですぐ酔うことがないのはこのためです。適度な飲酒であれば気分が爽快となり、陽気になれるというメリットがありますが、同時に判断力が鈍くなる反応も出始めます。

 

飲酒量が増えて血中アルコール濃度が上昇すると気分の良さは薄れ、気持ちが高ぶったり気が大きくなりすぎたりすることもあり、思わぬ事故の原因となることもありますので注意が必要です。

 

酔いの状態を判断するデータとなりますので、どのようなお酒を何杯飲むと血中アルコール濃度がどの程度まで上昇するのかを知っておくのも良いでしょう。

 

一般的にビールの中瓶を一本飲むと血中アルコール濃度が0.03%となり、これは酒気帯び運転の基準として定められている呼気1リットルあたり0.15mg以上に相当するとされ、検挙の対象となり厳しく処罰されます。少しでも飲酒をした場合には絶対に運転してはいけません。

 

アルコールの分解速度は個人差がありますが、先述のビール中瓶1本分であれば、完全に体内から抜ける時間は成人男性でおよそ4時間ほどとなります。

 

飲酒量が多くなればなるほど分解されるまでの時間も長くなりますので、大量の飲酒をした場合には翌朝(8時間後)でも体内にアルコールが残っている可能性もありますので、運転は避けましょう。

 

仮眠をとって酔いをさましたから大丈夫と過信をして、事故を起こして検挙されたという例も多くあります。お酒に弱い体質の人は更に分解に時間がかかりますので、注意が必要です。